‘ドラマ&映画いっちょかみ’ カテゴリーのアーカイブ

THE O.C. final season

2010年1月31日 日曜日

THE O.C. final seasonの最終話を観てもうて、はまってる状態が継続中な海外ドラマが無くなってなんか寂しいんやわ。

24(Twenty Four)ならまだseason7で次にseason8があるんは確実やし、今回も恒例の次のseasonに続くって終わり方やったから期待感は維持でけるけど、完全に終わってまうとな・・・。

話は戻って、マリッサがいなくなって人気が低迷して打ち切りって噂やけど、個人的にはfirst seasonはええとしてsecond season位からマリッサの我が儘ぶりがドンドン酷くなってストーリーもドロドロになってるよりかは、final seasonの方が良かったんやけどな~。
ビバリーヒルズ青春白書の末期と似てるんかもな!?

ただ、最終話で過去を振り返って各人がどうなったかの描写がかなりさっぱりしてて、いきなり打ち切りが決まって今の展開から無理矢理に終わらせなアカンって感じの印象を受けてもうたわ。
予定通りに続いてたらどんな展開と終わり方になってたんか非常に気になってまうわ。

これからは観るべきなんやろな?
韓流ドラマみたいにドロドロしてるだけなんは嫌いやから原作が日本の台湾ドラマとかならアリやけど、見ごたえっていう点ではやっぱアメリカドラマに限るよな。

ドクターハウスよりはボーンズやけどマンネリ感満載で複数season観る気にならへんし、ゴシップガールはパッケージ観た時点でなんか違和感あるしで、今イチオシされてるバーンノーティスが無難なんかもな。

こんなことで悩むより、はよ彼女でも作ってドラマ三昧な生活から抜け出さへんと、一生独身で孤独な最期を迎えることになってまうな。
考えてもどうにもならんから、オイラは気楽に生きるわ。
今の日本は、どないもならんようになったら自己破産して出なおせる国なんか???

24(Twenty Four)シーズン7

2010年1月31日 日曜日

みんな24(Twenty Four)観た?

シーズン1の頃から(人より遅れて試しに観たら)嵌ってて、勿論シーズン6まで全て観たんやけど、毎シリーズ少しづつリリースされて1ヶ月位のお預けを喰らうんがドSなオイラには耐えられへん仕打ちやねん!
マルッキーはドMやからええかもな~~~。

シーズン7も毎度のことながら、途中までリリースして次の話がレンタルされるまで期間があったんやけども、アメリカでテレビ放映されたやつに勝手に字幕を付けた動画を見つけてもうた。
でも、24に限っては吹替え音声が好きなオイラとしては我慢することにしたわ・・・。

評価サイトなんかでは今までで一番駄作なシリーズやとか色々と書かれてたんやけど、長いこと待たされたんもあってオイラは楽しめたわ。
個人的にはシーズン6の方があんまりやったと(記憶では)思う。

こっから先はネタバレが含まれるんで、読むかどうかは個人の判断に任せるわ。

いつも通り、犯人を捕まえたと思ったらまた上の犯人がいて、最終的にはそのまた上の犯人がいて、しかもシーズン8まで持ち越しって最悪やないかい!

いままでは、ある程度は話が纏まって終わって部分的に持ち越しってイメージやったけど、今回は丸々持ち越しでアメリカで2010年1月から5月までの放映って、日本では2010年夏~秋頃にレンタル開始で最終的に年末に完結になるんやろうな。
どうにかして早く観たいが、ドキドキキャンプや無くて小山なんとかの声で観たいからまたまた我慢やな!

でも、今度こそ完結してくれへんとこの待たされるイライラは納まる日がけえへんやないかい!

キーファー・サザーランドとの契約はシーズン8で一旦切れるんで完結を期待してるんやけど、その後に映画化が待ってるらしいからまた続くような終わり方になるんやろうな。
そんで、昔のアメリカ映画いうたらハッピーエンドで終わるんが殆どやったけど、最近はヨーロッパ映画みたいに考えさせられる終わり方が増えてるし、バックトゥー・ザ・フィーチャーみたいにTo be continuedとかって線もあり得るからドキドキやわ。

バーンノーティス

2010年1月31日 日曜日

最後まで観たけど・・・、おまえもか!?

24(Twenty Four)、プリズンブレイクに続く第三の男とか言いながら、最終回が完結せずに次のシーズンに続くってとこを真似たんかコラ!!!
まぁ、次のシーズンを心待ちにでけるってことでアリっていう意見もあるやろうけど、オイラはシーズン毎に解決してほしい派なんやわ。

冒頭からこんなこと書いて否定的やと思われるかもしれんけど、内容自体はおもろかってん!
主役の声優がクリカンでルパン三世と最初は被ってまうねんけど、慣れると馴染んできていい味出してるわ。
所々に出てくる主役の苦し紛れの笑顔もな。

内容は、いきなりスパイをクビになった訳を探りながらも日銭を稼ぐために地元の事件を調査・解決するって感じで、そこに元軍人の女たらしや元IRAの女工作員とかが仲間に加わり、ドタバタ劇が魅力なんかな。

意味わからんけど、昔やってた刑事ナッシュ・ブリッジスを思い出してもうたわ・・・。

アマルフィー

2010年1月24日 日曜日

普段は邦画を全く観いへんのやけど、織田裕二主演ってことで少し気になってたんやわ。
そんで、ドコモ動画で無料でプレ・ストーリーが観れるってことなんで試しに観たら面白くて映画を観に行くことを決意してもうたわ。

そんな時、マルッキーがレンタルDVDを返しに行くんで付き合ってくれと言うんで映画に誘ったらすんなりOKしたわ。
自分が乗り気やないことは「行きたいんやけど止めとく」みたいなイライラした言い方で断ってくるんで、彼も観たかったんやろうな(笑)。
まぁ、用事がなければいつも家でゲームしてるか、ゲームしてるか、ゲームしてるかな彼やからたまには外に出掛けへんとアカンやろ!?

映画の内容を説明してるサイトはいくつもあるんでそこには触れない(笑)が、相対的に映画としてはアリやったけどドコモ動画を観てからなら期待ハズレやと思う。

ドコモ動画の方は織田裕二の演技がメインで、余計な演出がほぼ無いという展開で結構ハードボイルドな内容やったけど、映画はよくある二転三転しながら一つの結論に向かう展開で個人的にはレンタル開始かテレビ放映まで待っても良かったなって感じた。

感じ方は人それぞれやからオイラと違う感想になる人も多いんやろうけど、宣伝用のプレ・ストーリーが映画と違う演出で、しかも映画よりも面白いってのはイタダケませんな・・・。